江原道のファンデーション

江原道は、1986年に基礎化粧品を販売することからはじまった化粧品会社です。

ファンデーションは、長時間使っても肌荒れしないベースメイクを作ろうということで、3年も掛けて開発されたものです。

どうらんが肌に負担がかかるということは聞いたことがありますが、撮影は寒かったり暑かったり、夜となく昼となく行われるので、相当女優さんの肌には負担があったのでしょうね。

江原道のファンデーションは、ハイビジョン時代が来るだろうという予測から、毛穴などをしっかりカバーして、さらに艶のある肌に仕上がるように作られたそうです。

実際使ってみると、カバー力はそれほど高いというほどではなくて、すごくナチュラルかといえばそうでもない。

ですが、なぜか江原道のファンデーションを使い、外に出ると、肌を褒められることが多いです。

そして、使えば使うほど、なぜか自分の肌の調子が良くなってくるんです。

結果的に美肌に見えるようになるという不思議なファンデーションです。