2010年6月アーカイブ

アロマセラピーの勤務時間

アロマセラピーの資格をを取ることして、アロマセラピストとして働くのは、業種で言うならサービス業の分類に入ります。
サービス業というと、会社帰りの方などが活用できるように、夜遅くまで営業しているようなショップもありますし、会社員の方が休日となる日は、仕事をする感じのことが前提となりますので、アロマセラピーの資格をを取って、OLから転職されたような方にとっては、その勤務体系になれるまでが、大変と思います。
しかし、アロマセラピーの仕職業はとてもやりがいを感じる感じのことができます。
具体的な勤務時間を一般の例を挙げてご紹介するのですので、アロマセラピーの資格を取得をして仕事をするようなことを想定して、シュミレーションして見てください。
ショッピングモール内にあるお店などで、アロマセラピーをするケース、そのショッピングモールの営業時間、例としては、10時~21時までが、お仕事をする時間となります。
実際に勤務するケース、営業時間内でシフトを組んで勤務する感じのものが一般的ですが、早番、遅番というように、2交代制でシフトを組んでいるところもあれば、朝、昼、夜と3つのパターンでシフトを組むところなど、働くショップによってさまざまです。
そして、アロマセラピーの資格を生かして働く時の形態にもよりますが、勤務時間としては、社員として働くなら1日8時間程度、パートタイマーとして働くなら、3,4時間程度となっています。
気になる休日に関しては、サービス業なので、土日に合わせてお休みを取るのはなかなか難しい感じのものが現状です。
しかし、働いているような人が多い平日に休みを取る感じのことができるので、お出かけするかのような時は、都合がいいのと思います。