2009年7月アーカイブ

書道

最近、オトナでお習字を習い始める人が増えているそうです。
墨をすって、心を落ち着かせながら白い紙に集中して文字を書くことは、ストレス社会である現代において見直されてきているのでしょうね。
また、お手本にこだわらず、自分を表現するといった書道などもあります。
字を習うというよりは、アート的な感覚なんでしょうか。

最近は、本当に字を書くということが少なくなりました。

誰かに連絡するときも、携帯がありますし、メールで済ませます。
仕事も、パソコンでプリントした字を使ったりしますので、字を書く必要がなくなってきているんですよね。

でも、だからこそ、自分の字でハガキや手紙を送ろうという人も増えているみたいです。

全てがワープロなどの字で済むわけではないので、例えば、履歴書なんかは手書きです。
人前で字を書くこともあるので、やはり字はきれいに越したことは無いですよね。

私は一度も書道を習ったことが無いので、一度体験してみたいなぁと思います。


赤ちゃんの乾燥肌

赤ちゃん肌といえば、みずみずしく潤っているイメージです。

しかし、乾燥肌は赤ちゃんこそ気をつけなければなりません。

赤ちゃんは、生後1、2ヶ月は母親からのホルモンの影響で皮脂の分泌が十分ですが、3ヶ月ぐらいからは皮脂の分泌が減り、乾燥肌になりやすくなります。

そうなると、皮膚に大人の半分~3分の1くらいの厚さしかないデリケートな赤ちゃんの肌は外の刺激を受けやすく、トラブルを起こしやすい状態になってきます。

赤ちゃんの肌は刺激を受けるとすぐに赤くなり、かゆみをおびて乾燥肌になりやすいのです。
また、服を着せすぎないことも、乾燥肌予防に繋がります。