フルーツシュー

フルーツのシュークリーム
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

日焼け止めは重ねたほうが効果が高い?

日常的に使っている日焼け止めですが、どんな風に使えば良いのか迷う時があります。

肌の老化の80%くらいは紫外線の影響と言われています。

シミのもととなったりすることもわかっているため、日焼け止めは女性の必須アイテムになっていますよね。

冬になっても紫外線の量はピークから半分くらい、なくなるわけではないので、年間通してのケアが必須になっています。

日焼け止めの効果の指数としてSPFというのがありますが、これはどのくらいの効果をあらわしているのでしょう?

日本人の場合は、真夏の晴れの日の浜辺で、普通肌だと25分くらいで日焼けを起こすと言われているんです。

この25分というのが基準になっていて、例えばSPF30だとしたら、25分×SPF30=750分UV-Bをカットするということになり、だいたい12時間くらい肌が赤くなるのを防ぐ効果があるんですね。

そう考えると、あまり高すぎる日焼け止めは必要ないような気もしてきます。

真夏の浜辺にいるような紫外線を浴び続けるということは日常的にはあまりないので、ある程度の効果があれば十分ですね。

ですが、日焼け止めはきちんと塗られていることが基準となっているので、お化粧や日焼け止めが落ちてしまっていては効果が落ちてしまうことになります。

日焼け止めを買うと、適量や塗り方が書いてあるのですが、目安としては、乳液状のさらっとしたものだと、顔全体に塗るとすれば、1円玉2個分くらいは必要なんだそうです。

そう考えると、そこまでつけているかな?という気持ちになります。

1円玉1個分くらいは使っているとは思いますが・・・

この場合、効果も半減しているでしょうね。

SPFは10と30を両方塗ったら、40になるの?という疑問がある人もいると思いますが、足し算的に増えることはないです。

ただ、塗り方にムラなどがあった場合は、重ねてあったほうがより安全というか、効果が高いということになるので、重ねて塗る意味はあります。
comments (0) : trackback (0) : Edit

皮脂崩れ防止ファンデーション

皮脂崩れ防止ファンデーションにはパウダータイプが多いと思います。

マキアージュ ドラマティックパウダリーUV、イプサ パウダー ファウンデイション、エスト パウダーファンデーションシルキースムース、プリマヴィスタ くずれにくい 化粧のり実感 パウダーファンデーションUVなどがそうです。

皮脂を固めてしまうような成分が配合されていて、メイクと混ざってギトギトしたりしないようになっています。

ですが、これらは、つけてみるとなんとなく不自然さがあります。

ちょっと厚塗りっぽさがある感じです。

なので、しっかりメイクをしたという感じがします。

さらに、ポイントメイクなどもきちんとやっている人は、手軽で、でもしっかりと落ちるオイルクレンジングを使っている人も多い気がします。

オイルクレンジングは、洗い流すときに水となじみますよね、だからサッと洗い流せます。

ということは、界面活性剤がたくさん入っているということです。

界面活性剤が悪いという意味ではないのですが、油と水をなじませることのできるものなので、皮脂をたくさん取ってしまうという可能性はあると思います。

そして結局皮脂が少なくなってしまった肌は、せっせと皮脂を出す・・・というような図式に陥ってはいないでしょうか。

ファンデーションも、皮脂を無理に抑えているようなものと、脂浮きしてしまい、汚くくずれるもの、皮脂となじんで肌に艶が出ているように見えるものなどいろいろあります。

Tv&Movie 10min ミネラルパウダーファンデは、皮脂を味方に付けるようなファンデーションです。

こちらは、クレンジングなしでも石けんだけで落とすことができるので、不必要な洗顔を省くことができます。

どんなファンデを選ぶかはお好みですが、ちょっと目先を変えることで、肌の調子が変わることもあるかもしれません。
comments (0) : trackback (0) : Edit

ファンデーションを付けると皮がめくれる

ファンデを付けると、肌がカサカサして感じる、または、皮のめくれが目立っているというのが分かることがあります。

ファンデーションには粉体が入っているので、それがめくれているところにひっかかり、たまるので、目立つのでしょう。

これを解消するには、お肌の状態を綺麗な状態に保つことが大事なんですが、ファンデーションが合わないのかなと考えがちです。

肌の皮がめくれているのは、ピーリングなどでお手入れすることで、綺麗な肌に戻ることができます。

強制的に剥がすのが嫌な人は、自然と剥がれていくまではそっとしておきましょう。

シートマスクなどで、保湿してからファンデーションを塗れば、カサカサが目立ちにくくなります。

また、ファンデーションは、パウダータイプだと粉の配合が多いので、そういう時は、リキッドファンデーションなどを使って、なるべく皮がめくれているのが気にならないようなベースメイクにしましょう。
comments (0) : trackback (0) : Edit
1/1