フルーツシュー

フルーツのシュークリーム
<< February 2009 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

月経前症候群の原因

月経前症候群が起こる要因はいくつか考えられますが、原因ははっきりと解明されていません。

有力なのは、エストロゲンとプロゲステロンのバランスが乱れることが原因と考えられています。

エストロゲンは卵胞ホルモン、プロゲステロンは黄体ホルモンとも呼ばれており、生理や妊娠・出産など女性と深い関わりのあるホルモンです。

月経前症候群はこれらのバランスが取れなかったりすることや、プロゲステロンの過剰分泌で体に水分が蓄積され過ぎて代謝異常になるためとされます。
- : - : Edit

卵胞期の生活のしかた

生理が終わってからの約1週間は、卵胞期と呼ばれ、体も心もスッキリとした時期です。

エストロゲンがたくさん分泌され、コラーゲンの合成を高めるので、肌がつやつやになり、潤いが保たれるなど、美容面でも安定した時期です。

ダイエットを始めるなら、この時期が良く、有酸素運動を取り入れたり、積極的にお出かけしたりして、活動的に過ごすと体も心も充実した時間を送ることができます。
comments (0) : trackback (0) : Edit

ローションの役割

ローションの役割と聞いて、「うるおいを与えることじゃないの?」と思った人も多いでしょう。

ローションは、たっぷり入ったうるおい成分で、肌にうるおいをあたえると同時に、モイスチュアバランスを整えているのです。そのほかにもローションは、いろいろなものを整えてくれます。

キメ、毛穴、角層、透明感…など、洗いたての不安定な肌の状態を、生理機能がスムーズにおこなえるよう整えているのです。

DHCのローションは、肌のタイプや使う目的、肌年齢などにあわせて選べるよう、たくさんの種類があります。

特に、夏の紫外線のダメージがあらわれるこの時期におすすめなのは、美白や透明感のためのローション。コットンパックで、じっくりたっぷりつけるのが効果的です。
comments (0) : trackback (0) : Edit
1/1