フルーツシュー

フルーツのシュークリーム
<< October 2008 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

冷え性の改善方法

運動すると心臓が血液を全身に送り込むポンプ機能が強まりますが、冷え性が運動不足に原因によって起こると、このポンプの力が衰え、血行が悪くなっているときがあります。

よって、冷え性には運動を行うと改善に役立つでしょう。
冷え性改善の為の運動には足をよく動かすと良いとされます。
足は「第二の心臓」と言われ、血行促進には足の上げ下ろし運動が効果的です。

時間的余裕がないと言うなら、立ったままでかかとの上げ下ろしをしたり、いすに座って状態で太ももを持ち上げるといった手軽にできるものがおすすめで、これらでも充分な効果が期待できます。
comments (0) : trackback (0) : Edit

顔のむくみと妊娠

女性ホルモンのバランスが崩れると、むくみが顔や足に出やすいとされ、妊娠中は女性ホルモンが大量に分泌されることもあってか、むくみが出やすい時期とされます。

また、妊娠中はお腹の赤ちゃんに血液が行き渡るよう血液量が増え、よって体内の水分量も増加します。
更にお腹や腰に負担が掛かり、血行やリンパの流れが悪くなるなどの条件が重なって、むくみが出やすい状態になっているようです。

顔のむくみがなかなか取れない、タンパク尿が出た、高血圧といった症状があるなら、妊娠中毒症に罹っている可能性が非常に高くなります。

妊娠中毒症は赤ちゃんの成育にも影響を与え、早産や胎児仮死を起こすこともあり、妊娠中は発症しないように注意が必要な病気です。

顔のむくみから妊娠中毒症に気づくケースが多いので、朝起きたときなどは顔にむくみがないか、向こう脛を押してへこみが出ないかなどのチェックするようにしておくと早期発見に繋がります。
comments (0) : trackback (0) : Edit

アトピー性皮膚炎の人のスキンケア

顔や体を洗うための石鹸は、香料や添加物の入っていないものを使用し、よく泡立ててなでるように洗います。
しっかり洗い流さないと、石鹸が残り、かゆみの原因になってしまうので注意しましょう。

シャンプーは、シャンプーが終わってから、体を洗うようにすると体にシャンプーが残りません。

アトピー性皮膚炎の人は、熱いお湯を使うとかゆみを強めてしまうので、ぬるめのお湯を使用するように心がけましょう。

アトピー性皮膚炎の人は、乾燥しないようにするため、洗顔や入浴後は湿り気が残っているうちに保湿剤や保湿薬を塗ると効果的です。
タオルもなるべくやわらかいものを使用するようにしましょう。

アトピー性皮膚炎の人のスキンケアは、日常のちょっとしたことの工夫で症状を和らげることが出来るので試してみましょう。
comments (0) : trackback (0) : Edit
1/1